各種検定

JIS・WES溶接技能者評価試験

令和4年度 JIS・WES溶接技能者評価試験 開催のお知らせ

主催: 群馬県溶接協会 (一社)日本溶接協会東部地区溶接技術検定委員会

 

≪受験資格≫

満年齢15歳以上で、基本級(下向F)1ヶ月以上、専門級(立向V・横向H・上向O・パイプP)3ヶ月以上の実務経験が必要です。
※基本級と専門級を同時に受験できますが、基本級に合格することが先決です。

 

≪資格の種類≫

手溶接技能者資格 40種
基本級 専門級
01 N-1F 02 N-1V 03 N-1H 04 N-1O 05 N-1P
06 A-2F 07 A-2V 08 A-2H 09 A-2O 10 A-2P
11 N-2F 12 N-2V 13 N-2H 14 N-2O 15 N-2P
16 A-3F 17 A-3V 18 A-3H 19 A-3O 20 A-3P
21 N-3F 22 N-3V 23 N-3H 24 N-3O 25 N-3P
26 T-1F 27 T-1V 28 T-1H 29 T-1O 30 T-1P
31 C-2F 32 C-2V 33 C-2H 34 C-2O 35 C-2P
36 C-3F 37 C-3V 38 C-3H 39 C-3O 40 C-3P

 

半自動溶接技能者資格 45種
基本級 専門級
01 SN-1F 02 SN-1V 03 SN-1H 04 SN-1O 05 SN-1P
06 SA-2F 07 SA-2V 08 SA-2H 09 SA-2O 10 SA-2P
11 SN-2F 12 SN-2V 13 SN-2H 14 SN-2O 15 SN-2P
16 SA-3F 17 SA-3V 18 SA-3H 19 SA-3O 20 SA-3P
21 SN-3F 22 SN-3V 23 SN-3H 24 SN-3O 25 SN-3P
26 SC-2F 27 SC-2V 28 SC-2H 29 SC-2O 30 SC-2P
31 SC-3F 32 SC-3V 33 SC-3H 34 SC-3O 35 SC-3P
36 SS-2F 37 SS-2V 38 SS-2H 39 SS-2O 40 SS-2P
41 SS-3F 42 SS-3V 43 SS-3H 44 SS-3O 45 SS-3P

 

ステンレス鋼溶接技能者資格 32種
被覆アーク溶接 組合せ溶接

(ティグ+被覆)

ティグ溶接
基本級 01 CN-F 06 CA-F 10 CN-FM 17 TN-F
専門級 02 CN-V 07 CA-V 11 CN-VM 18 TN-V
03 CN-H 08 CA-H 12 CN-HM 19 TN-H
04 CN-O 09 CA-O 13 CN-OM 20 TN-O
05 CN-P 14 CN-PM 21 TN-P
ミグ・マグ溶接 組合せ溶接

(ティグ+ミグ)

(ティグ+マグ)

基本級 25 MA-F 31 MN-F 36 MN-FM
専門級

 

 

 

26 MA-V 32 MN-V 37 MN-VM
27 MA-H 33 MN-H 38 MN-HM
28 MA-O 34 MN-O 39 MN-OM
40 MN-PM

 

すみ肉溶接技能者資格 8種
被覆アーク溶接 マグ溶接
基本級 01 Fil-F 11 SFil-F 下向姿勢・板厚9mm・板の重ね継手
専門級 02 Fil-V 12 SFil-V 立向上進姿勢・板厚9mm・板の重ね継手
03 Fil-H 13 SFil-H 水平すみ肉姿勢・板厚9mm・板の重ね継手
04 Fil-O 14 SFil-O 上向水平すみ肉姿勢・板厚9mm・板の重ね継手

 

 

≪評価試験の内容≫

新規受験者は学科試験と実技試験を、再評価受験者には実技試験のみを実施致します。

 

≪お申込み・お問合せ≫

『溶接技能者評価試験申込書(手溶接、半自動溶接、ステンレス鋼溶接 別)』に必要事項をご記入の上、受験者本人が署名捺印し、最近6ヵ月以内の写真(縦45mm×横35mm)を1枚貼付し受験種目分の受験料を添えて、前橋、高崎、伊勢崎、太田、館林、桐生、藤岡、富岡、北毛(渋川)、沼田の各溶接協会(商工会議所内)の窓口でお申込み下さい。
※申込後、受験料の返却は致しません。また受験種目、受験日の変更もできません。
*評価試験料金と受験種目については各溶接協会(商工会議所内)または、群馬県溶接協会 TEL 027-230-1020 へお問合せ下さい。

資格の有効期間は1年間です。有効期間の延長を希望する場合は、有効期間が満了する3ヶ月以内にサーベイランスの手続き(更新)が必要です。サーベイランスによる手続き後、有効期間を1年間延長します。サーベイランスは2回でき、最長で2年間の有効期間延長が可能です。3回目の資格継続を望む場合は、資格の有効期間が満了する8~2ヶ月前までの間に再評価試験(実技試験)を受ける必要があります。

*大切な資格です。有効期間を確かめて期限切れにならないようにしましょう。

 

 

令和4年度 JIS・WES/OTIT 溶接技能者評価試験 日程

評価試験日 再評価試験の際の
証明書の有効期限
申込締切日 試験結果
発表月
試験会場 定員
4月 7日 2022/5/31 ~
2022/11/30
2 /18 6月上旬 群馬産業技術センター JIS・WES 100名
14日 すみ肉 10名
JIS・WES 60名
5月 9日 2022/6/30 ~
2022/12/31
*[問合せ先]日本溶接協会東部地区検定委員会 7月上旬 OTIT 40名
12日 3 /18 JIS・WES 100名
6月 2日 2022/7/31 ~
2023/1/31
4 /15 8月上旬 JIS・WES 100名
9日 すみ肉 10名
JIS・WES 60名
7月 7日 2022/8/31 ~
2023/2/28
5 /20 9月上旬 JIS・WES 100名
9日 前橋産業技術専門校
※専門校在学生・専門校出身者のみ
14日 *[問合せ先]日本溶接協会東部地区検定委員会 群馬産業技術センター OTIT 40名
8月 4日 2022/10/31 ~
2023/3/31
6 /17 10月上旬 JIS・WES 100名
10日 すみ肉 10名
JIS・WES 60名
9月 1日 2022/11/30 ~
2023/4/30
7 /22 11月上旬 JIS・WES 100名
8日 *[問合せ先]日本溶接協会東部地区検定委員会 OTIT 40名
10日 7 /22 前橋産業技術専門校
※専門校在学生・専門校出身者のみ
10月 6日 2022/12/31 ~
2023/5/31
8 /19 12月上旬 群馬産業技術センター JIS・WES 100名
13日 すみ肉 10名
JIS・WES 60名
11月 2日 2023/1/31 ~
2023/6/30
9 /16 1月上旬 JIS・WES 100名
10日 *[問合せ先]日本溶接協会東部地区検定委員会 OTIT 40名
12日 9 /16 前橋産業技術専門校
※専門校在学生・専門校出身者のみ
12月 1日 2023/2/28 ~
2023/7/31
10 /21 2月上旬 群馬産業技術センター JIS・WES 100名
8日 すみ肉 10名
JIS・WES 60名
1月 11日 2023/3/31 ~
2023/8/31
11 /18 3月上旬 JIS・WES 100名
13日

*[問合せ先]日本溶接協会東部地区検定委員会

OTIT 40名
2月 2日 2023/4/30 ~
2023/9/30
12 /16 4月上旬 JIS・WES 100名
9日 すみ肉 10名
JIS・WES 60名
3月 2日 2023/5/31 ~
2023/10/31

1

/20

5月上旬 JIS・WES 100名
9日 *[問合せ先]日本溶接協会東部地区検定委員会 OTIT 40名

※適格性証明書の登録年月日は新規の場合『受験月の翌々月の1日』、更新の場合は現在お持ちの『証明書期限の翌日』からです。

*OTIT外国人技能実習生在留資格試験の問合せ先【(一社)日本溶接協会 東部地区溶接技術検定委員会 TEL 044-299-3541】

 

溶接機種 溶接機 設置数 溶接棒/ワイヤ シールドガス
交流溶接機 ダイヘン KR300 4台 受験者持参
ダイヘン BP300 3台
パナソニック YK-350AJ2 2台
パナソニック YK-350AJ3 1台
パナソニック YK-350AJ4 1台
半自動溶接機 デジタル ダイヘン DM-350 5台 受験者持参 炭酸ガス(CO2)
※混合ガス なし
ダイヘン Welbee M350 3台
パナソニック YD-350GR3 5台 検定場
YM-26(1.2mm)
アナログ パナソニック RFII350 4台
TIG溶接機 アナログ ダイヘン AVP-300 2台 受験者持参 アルゴンガス(Ar)
パナソニック YC-300wx4 2台
ナショナル Tig Star WX300 1台
デジタル パナソニック YC-300BP4 1台

※上記以外の溶接機及び溶接棒・溶加棒・ワイヤの使用は各自持参する。携行品は筆記用具、作業服(長袖、長ズボン)・防塵マスク・保護メガネ・その他保護具・工具類等。