『1社1技術』紹介


アジアテクノ(有)


  切削加工するワークは自動車部品がほとんどを占めます。
  材料が鍛造品の切削加工が多い状況です。
  このような薄肉円筒加工の仕事量は多くありません。
  この薄肉円筒加工を手がけてから、加工治具の必要条件、加工条件、機械に求められる仕様など、蓄積したノウハウは自動車部品などの加工に応用しています。
  薄肉の円筒削減が出来る企業はそんなに多くないと思っています。
  依頼があれば当社で試作を致します。
【主要設備】
  NC旋盤(8インチ)、NC旋盤(10インチ)、複合加工機(10インチ)、汎用旋盤、汎用フライス、他 小中ロットでの精密加工が得意です。
  納期、見積り回答致します。
  この度選定された技術は薄肉厚の円筒の切削加工です。
  薄肉厚をもつ円筒を仕上げる切削加工が当社の技術です。
  写真のサンプルはステンレスの難削材から加工したものです。
  極薄肉の切削は、変化やフレがおきてワークが回され、肉厚のばらつきが生じやすく、採算ベースにのらないので、切削加工業者から嫌がられるものです。
  当社は試作を重ねて、最適な加工方法(治工具、加工条件、切削油など)を確立しました。
  現在、生産しているものの一例をあげますと、内径が30ミリ強、長さ80ミリ、円筒の仕上げ寸法は、肉厚が0.2ミリ、その交差は±0.01、内面/外面の面粗度は12S以下です。
  今後も、薄肉の円筒切削に挑戦します。




アジアテクノ(有)

住所 群馬県富岡市七日市1201-9
電話番号 0274-63-6009
FAX番号 0274-67-0157
E-mail asia-techno@kti.biglobe.ne.jp
代表者名 神戸 聡